まっさかさまに墜落

2015年05月11日 17:27

この日撮影に使用されたのは、国内では7〜8万円前後の価格で販売されている、仏メーカー製の小型ドローンと見られる。少年は善光寺から少し離れた屋外から、視聴者に自ら「実況」しつつ、上空から見た御開帳の様子を生放送していた。

五反田 デリヘル


撮影は当初順調で、ドローンから送られてくる雅やかな善光寺の様子に、少年も「どうですか、皆さん?」と上機嫌だった。しかし空撮を始めてから約9分後、バッテリー残量を気にして機体を手元に呼び戻そうとした直後、よそ見をしていた少年はバランスを崩す。どうやらその拍子に、手にしていたリモコンの操作を誤ったようだ。ほぼ同時にドローンは操縦不能になり、境内にまっさかさまに墜落した。後は少年の焦る様子のみが映し出され、間もなく動画は終了している。

流行さん

2015年04月25日 22:17

TOKYO MXの看板情報番組「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)が23日、前日に亡くなった俳優の萩原流行さんの追悼コメントを発表した。萩原さんは06年10月から12月まで番組2代目MCを務めた。 生放送の番組冒頭で、MCのふかわりょう(40)が「当番組のMCを務めた萩原流行さんが昨晩、お亡くなりになりました」と切り出し、内藤聡子キャスター(40)が「06年10月から12月に2代目MCを担当。短い期間ではありましたが強烈な発言が話題を呼び、今日に至る番組の基礎を築いてくれました」と萩原さんと番組のかかわりを紹介した。


立川 デリヘル


番組放送開始時からMCを務めている作家の岩井志麻子(50)は「あまり円満な状態じゃなかったこともあるので、だから余計に残念で残念で。いつか笑って仲直りしたかったなあと思います」としのび、医師のおおたわ史絵(50)は「大好きですよね、役者として。今回まだ事故の詳細がわかっていない状況ではあるんですけど、残された奥様が心配ですね」と遺族を気遣った。

ムーランについて

2015年04月15日 12:52

2015年4月13日、実写化が明らかになったディズニー映画「ムーラン」について、ヒロインに「西洋人を起用するな」と署名サイトから声が上がっている。捜狐が伝えた。98年に公開された「ムーラン」は古代中国が舞台。1人の少女・花木蘭(ファ・ムーラン)が老いた父に代わり、男装して騎馬民族との戦いに出てゆく姿を描いたもの。中国の伝承文芸である「花木蘭」を基にしている。


風俗 体験入店


このほどディズニーが実写化を発表したことで、東洋人ヒロイン・ムーランを演じる女優など、そのキャスティングが注目されている。そんな中で、署名サイト「Care2」には「西洋人のムーランは見たくない」との意見に、わずか2日間で3万人を超える人が同意の声を上げている。反対意見の多くは、ハリウッドの人種差別的思想に反感を抱くもの。98年のアニメ映画「ムーラン」では確かに東洋人だったのに、実写版で人種が変わってしまうのは「おかしい」との声もある。

ピエロが恐ろしい

2015年04月12日 11:06

発端の一つとされているのが、ネットのおバカ「チャレンジシリーズ」だともいわれる。フランス東部ではピエロ対策にバットや催涙ガス、ハンマーにこん棒を用意し、街を守る少年自警団も生まれ、英国などでも対策に乗り出さなくてはならないほど広がりを見せている。


立川 デリヘル


「『ピエロが恐ろしい』という感覚はもともとあり、道化恐怖症と呼ばれている。ピエロを見ると動悸が激しくなり、泡を吹いて倒れる、気を失って失神するなどの症状が出る人もいます。米国では7人に1人の確率でピエロが怖いと感じる人々が存在するともいわれます。欧米はサーカスが盛んで、幼年期に見たピエロの姿がトラウマとなり、何を考えているのかわからない不気味な表情に、危害を加えられるという意識につながっているとされます」